ブログ

気付いたら増えているということが首イボの厄介なところ

自分の顎を指で押さえる女性

始めは数個だけの首イボも、気が付いたら増えていることってありますね。どうして首イボは増えていくのでしょうか。その原因を知ることで、首イボの増加を止めることもできます。

首イボの増える原因は2つあります。それを今回ご紹介します。

ウィルス性の首イボの場合はどんどん増える

首イボにもいくつかの原因があります。その原因がウィルス性である場合、そのウィルスが健康的な皮膚について、感染して広がることがあります。

その首イボの中には、ウィルスが潜んでいますから、自分で触ったりつぶすのは禁物です。もしもどんどん広がっていく場合には、ウィルス性を疑って、早めに皮膚科で治療を受ける方がいいでしょう。

こうウィルス薬を使用したり、首イボをレーザー治療することで増加を止めることができます。

加齢による首イボもだんだんと増えていく

ウィルス性のものは増えていく速度が速いのですが、加齢によるものもそれよりも遅い速度で増えていきます。しかしウィルス性のものに比べるとその速度はゆっくりです。

しかし加齢により皮膚の新陳代謝が悪くなり、紫外線の刺激などでメラニン色素が蓄積してしまったり、古い角質が蓄積すると首イボは大きくなったり、新しいものが出来たりするのです。

そのためにだんだん増えていくのです。加齢のものは治療の必要もありませんが、もしも審美性の問題で除去したいという場合には、皮膚科や美容クリニックで治療をすることが可能です。

首イボの周囲の摩擦などの刺激が増えてしまうのも原因の一つ

私たちは年齢を増すごとに皮膚に含まれる水分が少なくなっていきます。そのため老人は皮膚が乾燥してくるのですね。皮膚が乾燥すると肌のバリア機能が落ちてしまうために肌が傷つきやすい状態です。

そしてかゆみなどが発生します。また首というところは、皮膚が薄いところです。そのため掻き毟ったりすると肌が容易に傷つき影響を受けやすいのですね。

掻き毟るということは摩擦が発生するということです。そして摩擦は首イボを増やす原因になるのです。

  • 気付いたら増えているということが首イボの厄介なところ はコメントを受け付けていません。
  • 予防

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る