ブログ

お勧めの首イボ予防は?首イボ予防は摩擦を防ぎ傷口を塞ぐ2つの方法がお勧め

首イボというのは一度できてしまうとなかなか治りにくく、ウイルス性のものであればうつってしまうなんていう危険性もあります。ですから、最初からできないように気をつけるという事が一番だと言えるでしょう。そのためにはどうしたら良いのか、ご説明します。

■皮膚の摩擦を防ぐようにする
首イボの原因となりやすいのが、皮膚の摩擦です。皮膚がこすれるうちに、そのダメージがだんだんと肌に近くされていって、まるで服に毛玉ができるように肌にもイボができてしまうのです。摩擦をなくすためには、着る服の素材が肌に優しいものにする、ボディークリームを薄く常に塗り摩擦を軽減する、などの方法が有効だと言えるでしょう。

また紫外線というのも摩擦同様肌への刺激になり、首イボを誘発してしまう危険性のあるものです。なので外出時には日焼け止めをしっかりと塗るなど、紫外線対策もかかさないように是非とも心がけてみてください。

■傷口の適切な処置も大切
ウイルス性のイボの予防としては、傷口を適切に処置するという事が第一に挙げられます。例えば傷口が大したものではないからとそのままでプールに行ってしまったり、公衆浴場に行ってしまうような事は避けましょう。そこでイボの発生原因となる菌を貰う事も少なくありません。

もしも傷口が出来てしまったら、それが小さいものであってもしっかりと塞ぐようにしてください。ハイドロコロイド素材のパッドなどが今人気ですが、あちらは防水性にも優れていますし、しっかりと傷口を覆って菌の侵入を防ぐ事ができるため非常にお勧めです。

首イボというのは、摩擦や紫外線などによる肌への負担をしっかりと防ぐ事である程度予防をする事ができます。またウイルス性の首イボに関しても、しっかりと小さな傷口でも処置をして塞いであげる事で、首イボの発生元となる菌の侵入を防ぎ、首イボ予防になってくれると言えるでしょう。

首イボに悩みたくないという方は、この2つを心がけるようにしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る