今後、首にイボができないように予防するには?イボができにくいようにする方法

年齢を重ねていくと首にイボが出始めてくる場合があり、周囲から見た印象に影響が出てきたり、ネックレスをかけるときに痛いなどの悪い影響が出てきます。

●自分で出来る簡単なイボの予防法
残念ながらイボに対しての確実な予防法や、ワクチンなどは存在していません。なので、大事な事は少しでもイボができないように普段の生活を見直していくことです。

・たとえ擦り傷などの小さな傷であっても注意が必要
ウイルス性のイボの場合は、ほとんどの場合、皮膚の表面にできた少しの傷からウイルスが入ってきてしまったことによってイボができてしまいます。

傷以外にもウイルスが入ってきてしまう原因になる事態は
・傷
・ささくれ
・水虫
・体にできるタコや皮剥け
などがあるので、できるだけ傷を負わないことが大事ですが、たとえ気をつけていても怪我を負ってしまうこともありますので、その時にはすぐに水で洗い流すか消毒をしましょう。

女性の場合はむだ毛の処理中に肌を傷つけてしまう可能性があるので、怪我をしてしまわないように気をつけて行いましょう。カミソリ負けをしてしまうとイボの原因になってしまうことがあるので、ケアをしっかりと行いましょう。

今後、首にイボができないように予防するには?イボができにくいようにする方法

・保湿をしっかりとして肌を守ろう
乾燥肌の人はイボができやすいと言われています。肌が乾燥しているとどうしても衣服と擦れ合ってしまって、肌が傷ついてしまうためです。なので、日ごろからクリームなどを塗って、保湿対策をしっかりと行いましょう。

外部資料■首イボ https://kubiibocare.com/

・不潔にしていると高まるイボのリスク
肌を不潔にしていると、それだけでウイルスが肌に入ってきやすくなりますので、常に肌を清潔な状態に保っておきましょう。肌だけではなくて、マットやバスタオルなども不潔にしていては危険です。こまめに洗濯行い、イボができている人との共有はたとえ家族であっても避けましょう。

公衆浴場やプールなどの多くの人が利用する場所では、どんなウイルスを持っている人がいるのかがわからないので、もし皮膚に傷がある場合には、利用するのはやめておきましょう。

・健康的な生活がウイルスを遠ざける
体の免疫力が落ちているとそれだけウイルスが活発になるので、普段から規則正しい生活を送るようにして、食生活も栄養のバランスを考えましょう。そんなにきつくなくても大丈夫ですから、軽めの運動をしていくと免疫力がアップして、イボができにくい体になっていきます。

ページ上部へ戻る